男性ホルモンとAGAの関係

AGAを発症する原因には色々なものが考えられているのですが、その中でも特に密接な関係を持っていると言われているのが男性ホルモンの存在です。特に男性ホルモンの一種であるテストステロンと呼ばれる成分は筋肉の強度や生殖機能などの男性にとって重要な要素を持っているホルモンとして知られているのですが、その半面AGAを発症している部分に濃厚に出現している成分を有しているなどAGAを発症・進行させる要因として強い関連性を持っているということが判明しています。
このようなことからAGA治療の基本としては男性ホルモンであるテストステロンの中にあるAGAを発生させる成分を抑制する事が重要だと言われていて、一般的な育毛剤やスカルプシャンプーで対応する事は難しいので治療薬を使用することによって抑制する事ができるとされています。

そのために使用されている薬剤として有名なのがプロスカーもしくはプロペシアと呼ばれているもので、これらの主成分であるフィナステリドがテストステロンとAGAを進行させる成分の結合を阻害してくれる効果を持っています。この効果によって世界中でAGA治療薬として使用されていますし、特にプロスカーはコストも安く安定性もあるということで日本でも認可されて使用されている治療薬として有名です。このためAGA治療をしている人の多くが見かけたことがあるとしている治療薬なので、安心して使用することができます。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ